このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
舌がん

舌がんについて

診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については以下の「治療にあたって」をご参照ください。

1.したについて

したは、口腔こうくう内にある器官で、表面の粘膜と、筋肉でできています。前方約2/3の動かせる舌可動部(舌体ぜったいと呼ばれることもあります)と、後方約1/3の舌根ぜっこんに大きく分けられます(図1)。

舌可動部の表面の粘膜には、味を感じる味蕾みらいという小さな器官があり、舌で味を感じることができます。そのほか、舌は、食べ物をかみ砕いてうまく飲み込むことを助ける機能や、正しく発音する機能を担っています。

図1 舌と周囲の構造
図1 舌と周囲の構造の図

2.舌がんとは

舌がんは舌にできるがんで、口腔がんの1つです。口腔がんは、舌のほか、歯茎はぐきや、上あご、ほおの粘膜などにできるがんです。なお、舌根の部分にできたがんは、がんの分類上、舌がんではなく中咽頭がんに該当します。

舌がんの多くは、扁平上皮細胞へんぺいじょうひさいぼうという、舌の表面を覆う細胞から発生します。がん細胞は、腫瘍が大きくなるにつれて、舌の組織の深い場所にまで広がっていきます。

3.症状

舌がんは、鏡を使って、患部を自分で見ることができるがんです。舌の両脇の部分にできることが多く、舌の先端や表面の中央部分ではあまりみられません。舌の裏側などの見えにくい場所にできることもあります。

自覚症状には、舌の硬いしこりやただれがありますが、痛みや出血があるとは限りません。舌の動きに対する違和感や舌のしびれがある、舌の粘膜に赤い斑点(紅板症)や白い斑点(白板症)ができている、口内炎が治りにくいなどの症状がみられることもあります。また、がんが進行した場合の症状としては、痛みや出血が持続する、口臭が強くなるなどがあります。

気になる症状がある場合は、早めに耳鼻咽喉科あるいは歯科を受診し、早期発見につなげましょう。

更新・確認日:2019年03月14日 [ 履歴 ]
履歴
2019年03月14日 「頭頸部癌診療ガイドライン 2018年版」「口腔癌診療ガイドライン 2013年版」「頭頸部癌取扱い規約 第6版(2018年)」を基に作成し、掲載しました。
前のページ
舌がん
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴