このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
上咽頭がん

上咽頭がんについて

診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については以下の「治療にあたって」をご参照ください。

1.上咽頭について

咽頭は、鼻の奥から食道までの飲食物と空気が通る部位であり、筋肉と粘膜でできた、約13cmの長さのくだです。咽頭は上からそれぞれ、上咽頭、中咽頭、下咽頭の3つの部位に分かれています(図1)。

上咽頭のある場所は、鼻腔びくうの奥で、口蓋垂こうがいすい口蓋扁桃こうがいへんとうの後ろの上のほうです。脳を支えている頭蓋骨ずがいこつの底にあたる頭蓋底とうがいていのすぐ下で、左右には耳につながる穴があります。

上咽頭は、鼻からの呼吸で空気の通り道になります。

なお、鼻、口、あご、のど、耳などからなる部位を頭頸部とうけいぶといいます。

図1 頭頸部の構造
図1 頭頸部の構造図

2.上咽頭がんとは

上咽頭にできたがんを上咽頭がんといい、上咽頭がんは頭頸部がんの1つです。

咽頭の周りには多くのリンパ節があるため、頸部(首)のリンパ節に転移しやすいという特徴があります。がんの発見時に頸部リンパ節への転移が見つかることも珍しくありません。

3.症状

上咽頭がんは、初期のうちは自覚症状がみられないことがあります。上咽頭がんの発見時に最も多くみられる症状は、頸部リンパ節に転移したことによる首のしこりです。

その他には、鼻の症状(鼻づまり、鼻血、鼻水に血が混ざるなど)、耳の症状(耳がつまった感じ、聞こえにくいなど)、脳神経の症状(目が見えにくくなる、二重に見えるなど)があります。

これらのような気になる症状がある場合には、早めに耳鼻咽喉科を受診し、早期発見につなげましょう。

更新・確認日:2019年04月23日 [ 履歴 ]
履歴
2019年04月23日 「4.統計」の項目名を「4.患者数(がん統計)」に変更し、内容を更新しました。
2018年11月29日 「頭頸部癌診療ガイドライン 2018年版」「頭頸部癌取扱い規約 第6版(2018年)」より、内容の更新をするとともに、4タブ形式に変更しました。
2012年11月15日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。
前のページ
上咽頭がん
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴