このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
さまざまな症状への対応

尿がもれる・トイレが近い

~がんの治療を始めた人に、始める人に~

1.尿がもれる・トイレが近いことについて

がんの治療中や治療後に、尿がもれる、トイレが近い、尿意を感じてから排尿するまでの時間が短い、排尿したあとも尿が残っているように感じるなどの症状が出ることがあります。

2.原因

がんそのものや、がんの治療(手術・放射線治療・薬物療法)によって起こります。

3.尿がもれる・トイレが近いときには

原因に応じて、薬による治療を行ったり、飲む水の量やトイレに行く時間を調整したりすることがあります。尿が出しづらいために膀胱に尿がたまりすぎてもれる場合には、導尿(カテーテルという管を使って排尿すること)を行うこともあります。

4.ご本人や周りの人ができる工夫

  • 日中に十分水分を取り、夕方以降の飲み物の量を減らす
  • 適切な体重を維持する
  • 便秘を予防する
  • 時間を決めて、定期的にトイレに行く
  • 膀胱訓練(尿意を感じてから5分~10分くらい我慢してから排尿する訓練)をする
  • 骨盤底筋体操をする

5.こんなときは相談しましょう

尿の回数が多く痛みを伴う、尿の色が濁っている、排尿したあとも尿が残っているように感じる、高熱や腰の辺りに響くような痛みがある場合には、感染症の疑いがあります。なるべく早く担当の医師に相談しましょう。

更新・確認日:2019年12月05日 [ 履歴 ]
履歴
2019年12月05日 掲載しました。
よりよい情報提供を行うために、
アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートはこちらから
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴