HOME > 小児がんの解説 > 脳腫瘍〈小児〉 [検査]

脳腫瘍〈小児〉(のうしゅよう)

更新・確認日:2019年04月18日 [ 履歴 ]
履歴
2019年04月18日 内容を更新するとともに4タブ形式に変更し、でんし冊子PDFを追加しました。
2017年02月03日 「がんといわれたとき」の項目を「子どもががんと言われた親の心に起こること」「小児がんと言われた子どもの心に起こること」に変更しました。
2014年04月22日 2013年6月発行の冊子とがん情報サービスの情報を再編集し、掲載しました。

小児脳腫瘍の検査

小児脳腫瘍が疑われる場合、まずは症状の詳しい経過を把握するために問診し、次いで神経学的診察を行います。その後、CTやMRIによる画像検査を行い、腫瘍の場所や大きさなどを調べます。血液や脳脊髄液(のうせきずいえき)の採取が必要となる検査を行う場合もあります。また、診断の確定には、病理診断(生検)が必要です。

なお、画像検査などでは、検査中は動かずにじっとしている必要がありますが、子どもではそれが難しいこともあります。そのような場合には、鎮静薬を用いて睡眠状態にしてから検査を行います。

検査の種類

神経学的診察

神経学的診察とは、脳や神経の機能を調べるために行う、問診や、視力・聴力の検査、運動検査などを含む一連の診察のことをいいます。神経学的診察によって、意識の状態や、協調運動(体の各部位が複合的に動いて目的をもった運動をすること)、歩行に異常がみられないか、脳神経や、運動神経、感覚神経、反射がどのくらいきちんと働いているかなどを確かめます。小児脳腫瘍が疑われる場合、症状の項目にあげているような、何らかの異常がみられることがほとんどです。

画像診断

CTはX線を、MRIは磁気を使った検査です。頭蓋骨(ずがいこつ)の内部を描き出し、腫瘍があるかどうかを調べます。多くの施設では、CTはMRIに比べて迅速に検査することができるため、緊急性があるときはまずはCTを行います。CTやMRIでは、病気をよりはっきりと描き出すために、必要に応じてそれぞれの造影剤を使った検査を行います。造影剤検査を行うと、腫瘍の広がりや悪性度なども術前に推定することができます。

また、通常のCTやMRIに加え、必要に応じて特殊なMRI検査を行うことがあります。例えば、脳の血液の変化をみるfMRI(functional MRI)を用いて、脳の運動野(手足の動きの中枢)や言語野(言葉の中枢)の位置を調べることがあります。

腫瘍マーカー検査

腫瘍マーカーとは、がんの種類により特徴的に産生される物質で、血液検査などにより測定します。この検査だけでがんの有無を確定できるものではなく、がんがあっても腫瘍マーカーの値が上昇を示さないこともありますし、逆にがんがなくても上昇を示すこともあります。

胚細胞腫瘍の一部では、βhCG(β-ヒト絨毛性ゴナドトロピン:べーたひとじゅうもうせいごなどとろぴん)やAFP(アルファフェトプロテイン)という特別な物質をつくり出すため、それを測定することで診断の助けとしたり、治療効果を示すマーカーとして用いたりすることがあります。

細胞診検査

脳脊髄液を採取し、顕微鏡で細胞を観察しながら、病変を詳しく調べる検査です。脳脊髄液は、通常、体を海老のように丸めて横向きになり、背骨の隙間に針を刺して採取します(腰椎穿刺[ようついせんし])。

髄芽腫(ずいがしゅ)や上衣腫(じょういしゅ)、一部の胚細胞腫瘍では、髄膜播種(ずいまくはしゅ:脳を包む膜に沿って腫瘍が広がること)が起こりやすいため、MRI検査に加えて細胞診検査を行うことで、腫瘍がどのくらい広がっているかなどを調べます。また、採取した脳脊髄液を用いて、腫瘍マーカーを測定することもあります。

病理診断(生検)

腫瘍の一部(組織)を採取し、顕微鏡で観察することで、脳腫瘍の種類や性質、悪性度などを診断します。小児脳腫瘍では、症状改善のために大きな腫瘍を緊急に摘出しなくてはいけないことが多く、摘出手術と同じタイミングで病理診断を行うことが多くなっています。

分子生物学的検査(遺伝子検査)

神経膠腫(しんけいこうしゅ:グリオーマ)などでは、腫瘍細胞に特有の遺伝子変異が知られています。そのため、腫瘍化した組織や細胞を採取し、遺伝子を調べることで、腫瘍の種類を診断します。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集 このページの先頭へ