このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
多発性骨髄腫

多発性骨髄腫 検査

多発性骨髄腫の診断と治療方針を決めるために、尿検査、血液検査、骨髄検査、骨のX線検査やCT検査、MRI検査、PET検査などの画像検査などが行われます(表1)。検査の目的は骨髄腫細胞を確認するだけでなく、全身の臓器について合併症の有無などを確認することにあります。

表1 診断に必要な検査項目
尿 ベンスジョーンズタンパク(BJP)、尿タンパク量
血液 赤血球数、ヘモグロビン、白血球数、血小板数、
LDH、BUN、クレアチニン、カルシウム、
アルブミン、タンパク分画
免疫グロブリン(IgG、IgA、IgM、IgD)、
免疫電気泳動、免疫固定法、
β2ミクログロブリン、CRP
骨髄 骨髄腫細胞(形態、表面マーカー、染色体)
画像 全身骨X線、CT、MRI、PET

1.尿検査

多発性骨髄腫の患者さんの尿には、骨髄腫細胞がつくり出すMタンパクの1つであるベンスジョーンズタンパク(BJP)が排出されるため、このタンパクの有無を調べます。併せて腎機能の状態などを調べます。24時間中の尿を集めて尿中のMタンパクの量などを調べる全尿検査も行われます。

2.血液検査

赤血球、ヘモグロビン、白血球 、血小板などの数値を測定し、造血機能の障害の程度を調べます。また骨髄腫の進行度や腎臓の障害を調べるために、免疫グロブリンの量、Mタンパクの量、LDH(乳酸脱水素酵素)、BUN(血液尿素窒素)、クレアチニン、カルシウム、アルブミン、β2ミクログロブリンなども測定します。

3.骨髄検査(骨髄穿刺・骨髄生検)

診断を確定するには、骨髄液を採取(骨髄穿刺こつずいせんし)もしくは骨髄組織を採取(骨髄生検こつずいせいけん)し、顕微鏡で骨髄腫細胞の存在や形を調べます。骨髄穿刺は皮膚を消毒し、局所麻酔のあとに腸骨(骨盤の後ろの骨)に細い針を刺し、骨の中にある骨髄液を注射器で吸引して採取します(図3)。この骨髄液中に含まれる細胞の形を顕微鏡で調べます。骨髄液を吸引する際に痛みがあり、この痛みは局所麻酔では抑えられませんが、通常は一時的な痛みにとどまります。骨髄生検では、腸骨にやや太い針を刺し、骨髄組織を少量採取します。細胞の表面に出ているマーカー(腫瘍の存在や特徴を表す印)の検査では腫瘍細胞の種類と成熟度を、染色体検査では悪性度についても判定します。また、骨髄以外の組織にれがみられる場合には、その組織の細胞を採取して検査する必要があります。

図3 骨髄穿刺の様子
図3 骨髄穿刺の様子の図

4.X線、CT、MRI、PET検査

多発性骨髄腫と診断されると、全身への病気の広がりや骨の状態を確認するための検査を行います。最も一般的なものはX線検査で、全身の骨病変や病的骨折の有無などを調べます。最近はCT検査やMRI検査によって、より小さな骨の病変や骨髄腫細胞の広がりについても診断できるようになりました。CTは、X線を使って体の内部を描き出します(図4)。MRIは磁気を使用します。造影剤を使用する場合はアレルギーが起こることがあります。造影剤アレルギーの経験のある人は医師に申し出てください。

さらに骨髄外に存在する病変を評価するためPET検査が行われることもあります。PET検査は、ブドウ糖ががんに集まる性質を利用して、ブドウ糖に似たFDGという物質と放射性同位元素(18F)を結合した薬剤を用いて、がん病変の有無や位置を調べます。

図4 CT検査の様子
図4 CT検査の様子の図
更新・確認日:2017年04月12日 [ 履歴 ]
履歴
2017年04月12日 「多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新しました。
2015年05月26日 タブ形式に変更しました。「多発性骨髄腫の診療指針 第3版(2012年10月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」より内容を更新しました。
2006年11月14日 「多発性骨髄腫の診断」を掲載しました。
前のページ
多発性骨髄腫
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴