このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
病名から探す

急性リンパ性白血病/リンパ芽球性リンパ腫

きゅうせいりんぱせいはっけつびょう/りんぱがきゅうせいりんぱしゅ

急性リンパ性白血病/リンパ芽球性リンパ腫(ALL/LBL:Acute Lymphocytic Leukemia/Lymphoblastic Lymphoma)は、白血球の一種であるリンパ球が幼若な段階で悪性化し、がん化した細胞(白血病細胞)が無制限に増殖することで発症します。

急性リンパ性白血病/リンパ芽球性リンパ腫は、病状の進行が速いため、急に症状が出現する場合が多く、早期の診断と速やかな治療の開始が重要です。

関連する情報

更新・確認日:2021年07月01日 [ 履歴 ]
履歴
2021年07月01日 掲載しました。
前のページ
病名から探す
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴