このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
病名から探す

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

びまんせいだいさいぼうがたびーさいぼうりんぱしゅ

1.びまん性大細胞型B細胞リンパ腫について

1)びまん性大細胞型B細胞リンパ腫とは

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫は、白血球の一種であるリンパ球のうち、Bリンパ球ががん化することで発症します。月単位で病気が進行するアグレッシブリンパ腫ですが、薬物療法の効果が期待できます。

血液細胞は造血幹細胞からつくられます

血液の中にある赤血球、白血球、血小板などを血液細胞といいます。血液細胞は、骨の中心部にある骨髄で、血液細胞のもとになる造血ぞうけつかん細胞さいぼうから増殖しながら分化(未熟な細胞が成熟した細胞になること)してつくられます。造血幹細胞は、骨髄系幹細胞とリンパ系幹細胞に分かれて成長していきます。骨髄系幹細胞からは、赤血球、白血球、血小板などがつくられ、リンパ系幹細胞からは白血球の一種であるリンパ球(T細胞、B細胞、NK細胞)がつくられます。リンパ球は、リンパ系幹細胞から成長した白血球の一種です。

造血幹細胞の図

2)症状

首やわきの下、足の付け根など、病変があるところにれやしこりがあらわれます。多くの場合、痛みを伴いません。進行すると発熱、体重減少、盗汗とうかん(大量の寝汗)といった症状があらわれます。これらの症状を「B症状」といいます。

腫れやしこりが大きくなり、尿管(腎臓から膀胱への尿の通り道)や静脈、脊髄せきずいなどの臓器が圧迫されると、水腎症(尿管がせき止められて、腎臓に尿がたまって広がった状態)、むくみ、麻痺まひなどの症状があらわれ、緊急で治療が必要な場合もあります。

2.検査

悪性リンパ腫では、ほとんどの場合、診断や病型を確定するために生検を行います。生検では、腫れているリンパ節などの病変の組織をとって、顕微鏡などさまざまな方法で調べます。その他、病気の広がりを調べるためにCTやPET/CTなどの画像検査や、骨髄検査(骨髄穿刺・骨髄生検)などを行います。

骨髄検査は、皮膚を消毒し局所麻酔をした後に、一般的には腸骨(腰の骨)に針を刺して、骨髄組織を採る検査です。

がんの疑いがあるときや治療中・治療後に受けることの多い検査についての情報は、「がんの検査について」をご参照ください。

3.治療

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する治療は、分子標的薬と複数の細胞障害性抗がん薬を組み合わせて行う薬物療法が中心です。薬物療法を予定した回数行い、リンパ腫の病変が無くなったら治療を終了して経過観察を行います。

薬物療法の後、放射線治療を行うこともあります。放射線治療は、がんができている部位とその周辺に対して直接行われる治療で、数週間繰り返して行うことが一般的です。

造血幹細胞移植は、薬物療法を行った後、再発した場合に行うことがあります。このほか、免疫療法の一つでもあるCAR-T細胞療法が行われる場合もあります。

なお、がんの診断から治療までの流れなどについては「8. 関連する情報」、手術・薬物療法・放射線治療などの主な治療法に関する情報は「診断と治療」をご覧ください。「妊よう性」には、妊娠や出産に関する情報を掲載しています。

1)患者向けの情報

治療の情報を含む患者向けのページを紹介しています。

がんに関する情報提供のあり方を研究する研究班(厚労科研)のウェブサイトです。悪性リンパ腫に関する患者向け情報へのリンクが掲載されています。ご覧いただくにあたっては、リンク先ページの「4.リンク基準」を必ずご確認ください。
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に関する情報が含まれます。海外の医療事情に基づく情報が含まれており、日本では認められていない治療や薬、行われない補完代替療法等の情報も含まれています。

2)医療従事者向けの情報

医療従事者向けの情報が掲載されています。

(1)血液・リンパのがんに関する診療ガイドライン
日本血液学会のホームページです。医療従事者向けの診療ガイドラインが掲載されています。
(2)びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に関する診療ガイドライン
日本血液学会ホームページに掲載されている診療ガイドラインのびまん性大細胞型B細胞リンパ腫に関するページです。ご覧いただくにあたっては、上のリンクの「日本血液学会 造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版補訂版」の利用規約を必ずご確認ください。
(3)小児のリンパ腫に関する診療ガイドライン
日本小児血液・がん学会のホームページです。小児白血病・リンパ腫の診療ガイドラインが掲載されています。

4.療養

「症状を知る/生活の工夫」には、がんの治療に伴う症状や自宅での生活の工夫などに関する情報を掲載しています。

特に、血液・リンパのがんは、がんそのものや薬物療法の影響で、健康な人には害のないような弱い細菌、真菌(カビ)やウイルスなどの病原体に感染しやすくなります。そのため、手洗いやうがいをしっかり行う、感染源を作らないためにけがをしないようにするなど、日常生活でも注意が必要です。

がんと診断されてからの仕事については「がんと仕事」、医療費や利用できる制度、相談窓口などのお金に関する情報は「がんとお金」をご参照ください。また、「がん相談支援センター」でも相談することができます。

「地域のがん情報」では、各都道府県等が発行しているがんに関する冊子やホームページへのリンクを掲載しています。併せてご活用ください。

5.臨床試験

国内で行われているびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の臨床試験が検索できます。

がんの臨床試験を探す チャットで検索
入力ボックスに「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と入れて検索を始めてください。チャット形式で検索することができます。

がんの臨床試験を探す カテゴリで検索 悪性リンパ腫
「カテゴリで検索」では、広い範囲で検索します。そのため、お探しのがんの種類以外の検索結果が表示されることがあります。

臨床試験への参加を検討する際は、以下の点にご留意ください

  • 臨床試験への参加を検討したい場合には、担当医にご相談ください。
  • がんの種類や状態によっては、臨床試験が見つからないこともあります。また、見つかったとしても、必ず参加できるとは限りません。
がんの臨床試験への参加を考えるときに、知っておきたい情報について掲載しています。
「がんの臨床試験を探す」の使い方のコツや注意事項がまとめてあります。
血液がんの治験の概要が「Ⅱ.各治験の解説 (2)血液がん」に掲載されています。

6.患者数(がん統計)

日本全国で、悪性リンパ腫は、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫も含め、1年間に約36,000例(人)が診断されます。

7.相談先・病院を探す

情報や病院などが見つからないときにはご相談ください。

がんの相談窓口や病院を探したいときには
病院の探し方について相談したいときには
診療経験のある病院を探したいときには
上のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します。
そのほかにこちらでもご相談できます。

8.関連する情報

がんの治療を始めるにあたって、参考となる情報です。

これからの治療や生活のことを考える上で、知っておいていただきたい情報を掲載しています。
がんの診療の流れやセカンドオピニオンなどに関する情報を掲載しています。
ご家族や身近な人ががんと診断された人に向けた情報を紹介しています。
AYA世代(15歳~30歳代)のがんに関する情報を紹介しています。

9.参考資料

  1. 厚生労働省ウェブサイト;がん登録 全国がん登録 罹患数・率 報告 平成31(令和元年)年報告;2022年(閲覧日2022年8月4日)https://www.mhlw.go.jp/
  2. 野村正満編.ハンドブック 白血病と言われたら 改訂第6版 下巻 血液の病気を知ろう.2020,認定特定非営利活動法人全国骨髄バンク推進連絡協議会.

作成協力

更新・確認日:2022年08月23日 [ 履歴 ]
履歴
2022年08月23日 「5.臨床試験」の関連情報に、「患者本位の『がん情報サイト』」を追加しました。
2022年08月04日 「B細胞リンパ腫」を「濾胞性リンパ腫」、「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」、「MALTリンパ腫、リンパ形質性細胞リンパ腫、マントル細胞リンパ腫、バーキットリンパ腫など」の3ページに再構成し、掲載しました。
2021年07月01日 B細胞リンパ腫を掲載しました。
前のページ
病名から探す
よりよい情報提供を行うために、
アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートはこちらから
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴