このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
慢性骨髄性白血病

慢性骨髄性白血病 検査

1.慢性骨髄性白血病の検査

病気を正しく診断し、病状を正確に把握するために、初診時あるいは治療開始前にさまざまな検査が行われます。また、治療中も、治療の効果や薬の副作用を確認するために、定期的に検査を行います。主な検査は血液検査、骨髄検査、画像検査です。このうち、血液検査と骨髄検査で行う分子遺伝学的検査、細胞遺伝学的検査は慢性骨髄性白血病に特有の検査です。

2.検査の種類

1)血液検査

(1)血球・生化学検査

血球数の検査では、血液中の赤血球、白血球、血小板の数を調べます。また、白血球の分類も行います。特に、白血球の一種である好中球系細胞の成熟段階を調べます。慢性期の慢性骨髄性白血病では、好中球系の細胞が、未熟な段階のもの(芽球がきゅう)から成熟したものまで偏りなく増加していることが特徴です。このような場合には慢性骨髄性白血病を疑い、さらに詳しい検査を行います。

治療開始早期に、高尿酸血症や電解質の異常が起こることがあります。また、治療中、薬の副作用で肝機能異常や膵臓すいぞうの酵素異常などが起こることがあるため、生化学検査で調べます。

(2)分子遺伝学的検査

PCR法という遺伝子を増幅する方法で、病気の原因となっているBCR-ABL融合遺伝子の量を測定します。この検査は、治療効果の確認のほか、初診時に慢性骨髄性白血病の確定診断をするために行います。

(3)細胞遺伝学的検査(染色体検査)

血液中の異常な遺伝子であるBCR-ABL融合遺伝子を検出するために、染色体検査であるFISH法を用います。染色体検査には骨髄液を用いるものもありますが、FISH法はより短い日数で結果がわかるため、初診時で確定診断を急ぐ場合に行われることもあります。また、治療の効果を確認するために行われることもあります。

2)骨髄検査

局所麻酔で腸骨(骨盤の後ろの骨)に細い針を刺し、骨の中にある骨髄液を注射器で吸引し、採取します。骨髄液を吸引する際に鈍い痛みを伴います。この痛みは局所麻酔では軽減できませんが、一時的なものです。骨髄液が吸引できない場合には、腸骨にもう少し太い針を刺して骨髄組織を採取するための骨髄生検を行い、骨髄の状態を確認します。

(1)骨髄像検査

顕微鏡を用いて骨髄液中の細胞の比率や分化段階を調べます。

(2)細胞遺伝学的検査(染色体検査)

染色体を分析する検査法としてGバンド法を行います。Gバンド法は、骨髄細胞中の染色体異常を検出する検査で、慢性骨髄性白血病の確定診断や治療効果の確認のために行われます。この方法では、フィラデルフィア染色体陽性細胞の比率だけではなく、白血病細胞や正常細胞に他の染色体異常がないかも調べることができます。

3)画像検査

患者さんに最もあった治療を行うために、治療開始前に胸部レントゲン検査、心電図、心臓やけい動脈の超音波検査などの画像検査を行います。また、治療中にも、副作用の有無を確認するため定期的に検査を行います。

更新・確認日:2017年07月07日 [ 履歴 ]
履歴
2017年07月07日 「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新し、タイトルを「慢性骨髄性白血病・骨髄増殖性腫瘍」から「慢性骨髄性白血病」に変更、4タブ形式に変更しました。
2014年10月09日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。
2006年10月01日 掲載しました。
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴