このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
病名から探す

慢性骨髄性白血病

まんせいこつずいせいはっけつびょう

診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については以下の「治療にあたって」をご参照ください。

ご家族や身近な人ががんと診断された人に向けた情報を紹介しています。

1.慢性骨髄性白血病について

1)慢性骨髄性白血病とは

慢性骨髄性白血病は、造血幹細胞ぞうけつかんさいぼうに異常が起こり、白血球や赤血球、血小板の数が無制限に増える病気(骨髄増殖性腫瘍)の1つです。血管を流れる血液(末梢血まっしょうけつ)中の白血球の数が通常よりも増えることや、フィラデルフィア染色体が見られ、BCR-ABL1融合遺伝子といわれるがん遺伝子があることが主な特徴です。BCR-ABL1融合遺伝子によりつくられるBCR-ABL1チロシンキナーゼと呼ばれるタンパク質が常に活性化し、がん化した細胞(白血病細胞)が増えることによって起こる病気です。
慢性骨髄性白血病は、慢性期、移行期、急性転化期へと進行します。慢性期は白血球や血小板が増えるのみで、ほとんど症状がありません。移行期には全身に症状があらわれ始め、急性転化期には急性白血病に似た状態になります。

なお、慢性骨髄性白血病の他に骨髄増殖性腫瘍に分類される病気には、真性しんせい多血症たけつしょう本態性ほんたいせい血小板けっしょうばん血症けっしょう原発性げんぱつせい骨髄こつずい線維症せんいしょう慢性まんせい好中球性こうちゅうきゅうせい白血病はっけつびょう慢性まんせい好酸球性こうさんきゅうせい白血病はっけつびょうなどがあります。

血液細胞は造血幹細胞からつくられます

血液の中にある赤血球、白血球、血小板などを血液細胞といいます。血液細胞は、骨の中心部にある骨髄で、血液細胞のもとになる造血幹細胞から増殖しながら分化(未熟な細胞が成熟した細胞になること)してつくられます。造血幹細胞は、骨髄系幹細胞とリンパ系幹細胞に分かれて成長します。骨髄系幹細胞からは、赤血球、白血球、血小板などがつくられ、リンパ系幹細胞からは白血球の一種であるリンパ球(T細胞、B細胞、NK細胞)がつくられます。

図1 造血幹細胞から血液細胞への分化の図

2)症状

慢性骨髄性白血病はゆっくりと進行し、増えた白血球もほぼ正常な働きをするため、慢性期と呼ばれる初期の段階ではほとんど症状がありません。

病気が進行し、移行期や急性転化期になると、正常な血液細胞がつくられなくなります。そのため、貧血の症状として息切れや動悸どうきがしたり、血小板が少なくなるため、鼻血が出たり歯ぐきから出血したりすることがあります。倦怠感けんたいかんや発熱などの症状があらわれることもあります。脾臓ひぞうが大きくなるため、おなかに張りを感じることもあります。

2.検査

血液・リンパのがんでは、ほとんどの場合、診断や病型を確定するために骨髄検査(骨髄穿刺・骨髄生検)を受けます。骨髄検査は、皮膚を消毒し局所麻酔をした後に、一般的には腸骨(腰の骨)に針を刺して、骨髄組織を採る検査です。

がんの疑いがあるときや治療中・治療後に受けることの多い検査についての情報は、「がんの検査について」をご参照ください。

3.治療

慢性骨髄性白血病の治療に関する情報が掲載されています。

海外の医療事情に基づく情報が含まれており、日本では認められていない治療や薬、行われない補完代替療法等の情報も含まれています。
日本血液学会のホームページです。医療従事者向けの診療ガイドラインが掲載されています。
日本血液学会ホームページに掲載されている診療ガイドラインの慢性骨髄性白血病のページです。ご覧いただくにあたっては、上のリンクの「日本血液学会 造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版補訂版」の利用規約を必ずご確認ください。
日本小児血液・がん学会のホームページです。小児白血病・リンパ腫の診療ガイドラインが掲載されています。
診療の流れ、セカンドオピニオン、妊娠や出産についてなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報です。
手術・薬物療法・放射線治療など主な治療法についての情報です。

4.療養

「症状を知る/生活の工夫」には、がんの治療に伴う症状や自宅での生活の工夫などに関する情報を掲載しています。
特に、血液・リンパのがんは、がんそのものや薬物療法の影響で、健康な人には害のないような弱い細菌、真菌(カビ)やウイルスなどの病原体に感染しやすくなります。そのため、手洗いやうがいをしっかり行う、感染源を作らないためにけがをしないようにするなど、日常生活でも注意が必要です。

がんと診断されてからの仕事については「がんと仕事」、医療費や利用できる制度、相談窓口などのお金に関する情報は「がんとお金」をご参照ください。また「地域のがん情報」では、各都道府県等が発行しているがんに関する冊子やホームページへのリンクを掲載しています。併せてご活用ください。

5.臨床試験

国内で行われている慢性骨髄性白血病の臨床試験が検索できます。

がんの臨床試験を探す チャットで検索
入力ボックスに「慢性骨髄性白血病」と入れて検索を始めてください。チャット形式で検索することができます。

がんの臨床試験を探す カテゴリで検索 白血病
「カテゴリで検索」では、広い範囲で検索します。そのため、お探しのがんの種類以外の検索結果が表示されることがあります。

  • 臨床試験への参加を検討したい場合には、今おかかりの担当医にご相談ください。
  • がんの種類によっては、臨床試験が見つからないこともあります。また、見つかったとしても、必ず参加できるとは限りません。
検索の前に、がんの臨床試験についてこちらをご確認ください。
「がんの臨床試験を探す」の使い方のコツや注意事項がまとめてあります。

6.患者数(がん統計)

慢性骨髄性白血病は、日本全国で1年間に約1,500人が診断されます。

慢性骨髄性白血病は、白血病の1つです。

7.相談先・病院を探す

情報や病院などが見つからないときにはご相談ください。

がんの相談窓口や病院を探したいときには
病院の探し方について相談したいときには
診療経験のある病院を探したいときには
上のリンク先の「3.対応施設」のがん相談支援センターにお問い合わせいただくと、相談員が施設を検索します
そのほかにこちらでもご相談できます

8.参考資料

  1. 日本臨床腫瘍学会編.新臨床腫瘍学(改訂第6版).2021年,南江堂.
  2. 野村正満編.ハンドブック 白血病と言われたら 改訂第6版 下巻 血液の病気を知ろう.2020年,認定特定非営利活動法人全国骨髄バンク推進連絡協議会.
  3. Matsuda T,et al.Rare cancers are not rare in Asia as well: The rare cancer burden in East Asia.Cancer Epidemiology.2020;Volume 67,doi/10.1016/j.canep.2020.101702.
更新・確認日:2021年11月11日 [ 履歴 ]
履歴
2021年11月11日 構成を変更し、「造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年補訂版」より内容を更新しました。
2017年07月07日 「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新し、タイトルを「慢性骨髄性白血病・骨髄増殖性腫瘍」から「慢性骨髄性白血病」に変更、4タブ形式に変更しました。
2014年10月09日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。
前のページ
病名から探す
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴