HOME > それぞれのがんの解説 > 膀胱がん 検査・診断

膀胱がん(ぼうこうがん)

更新・確認日:2016年01月08日 [ 履歴 ]
履歴
2016年01月08日 タブ形式への移行と、「腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011年4月(第1版)」「膀胱癌診療ガイドライン2015年版」より、内容の更新をしました。
2006年10月01日 更新しました。
1996年09月20日 掲載しました。

1.検査

膀胱(ぼうこう)がんが疑われた場合、膀胱鏡検査と尿細胞診が行われます。膀胱鏡所見により、筋層非浸潤性がんか筋層浸潤性がんかの大まかな区別ができます。検査の結果次第で、超音波(エコー)検査やCT検査などの精密検査を追加します。

筋層非浸潤性がんの多くは、転移したり、局所で浸潤したりするようなことはまれですので、必ずしも全身転移の状態を判定する検査は必要ではありません。しかし、筋層浸潤性がんの場合は、遠隔転移の判定のために全身CT検査あるいは骨シンチグラフィが行われます。また、膀胱にがんが見つかった場合、同じ尿路上皮でおおわれている腎盂(じんう)・尿管にもがんが発生している場合があるため、病変の有無をチェックするマルチスライスCT urography(CT尿路造影)、あるいは静脈性腎盂造影(DIPあるいはIVPなどと呼ばれている)が行われることがあります。

膀胱がんの深達度の判定はTURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)の結果によって診断されますが、MRI検査も一部有用とされています。

その他、膀胱がんでは、尿検査による2種類の腫瘍マーカー(NMP22、BTA test)が保険適応となっており、強く疑われる場合に、診断の補助として用いられる場合もあります。

1)膀胱鏡検査(内視鏡検査)

膀胱鏡検査は、膀胱鏡(膀胱の内視鏡)を尿道から膀胱へ挿入して行う内視鏡検査です。肉眼的にがんの発生部位、大きさ、数、形状などを確認します。通常は、通院で行います。

2)尿細胞診検査

尿にがん細胞が出ていないかどうかを顕微鏡で見て判定する検査です。尿細胞診検査は陰性、疑陽性、陽性の3段階で評価されます。5段階法で評価する場合は、1、2は陰性(悪性所見なし)、3は疑陽性(悪性の疑い)であり、4、5では陽性(悪性所見が強く疑われる)に該当します。

判定が陽性の場合には膀胱がんあるいは上部尿路がん(腎盂・尿管がん)が存在している可能性が高いと判断されます。おとなしい表在性がんなどでは、がんがあっても尿細胞診検査で異常を認めないこともあるため、検査の結果が陰性であるからといってがんがないとはいえません。ほかの検査と併せて判断します。

3)腹部超音波(エコー)検査

体の表面にあてた器具から超音波を出し、臓器で反射した超音波の様子を画像にして観察する検査です。がんが隆起しているタイプのものは、超音波検査でも診断可能なことがあります。

4)CT検査、MRI検査、骨シンチグラフィ

CT検査は他の臓器への遠隔転移の有無、リンパ節転移(リンパ行性転移)の診断、周辺臓器への広がりがどの程度かを診断する場合に有用です。
CT検査では、X線を使って体の内部を描き出します。通常はヨードを造影剤として使います。

上部尿路にがんが発生しているか否かの検出のために、マルチスライス造影CTにて尿路を描出するCT urography(CT尿路造影)が実施されることがあります。この方法は3次元的にデータを取得して目的とする画像を再構成することが可能で、従来の静脈性腎盂造影検査より診断能力がよいと考えられています。

MRI検査では磁気を使って画像をつくる検査です。膀胱がんでは筋層浸潤がんの判断に使用されます。MRIもガドリニウムという造影剤を使用することがあります。

CTやMRIで造影剤を使用する場合、アレルギーが起きることがあります。薬剤などによるアレルギーの経験がある人は、医師に申し出てください。

骨シンチグラフィでは、ラジオアイソトープを使って骨の病変(骨転移)を調べます。

5)TURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)

膀胱がんの確定診断をするためにTURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を行います。一般的に全身麻酔もしくは腰椎麻酔で、病変部を専用の内視鏡で生検あるいは切除し、組織を採取します。採取された組織を顕微鏡で見て、がんの種類や筋層に浸潤しているかなどを確認します。

表在性膀胱がんの場合にはTURBTでがんを切除できる可能性が高く、診断と治療をかねた検査になります。TURBTによる組織検査の結果、それ以上の手術は不要と判断されることがあります。

また「膀胱がん 基礎知識-2.膀胱がんとは」で概説したハイリスク筋層非浸潤性膀胱がんの場合には、最初のTURBTで完全切除と判断されても、がんが筋層内に残っていることがあり、もう一度TURBT(2nd TURBT)が実施されることがあります。

2.病期(ステージ)

病期とは、がんがどの程度進行しているかを示す言葉で、英語をそのまま用いてSstage(ステージ)ともいいます。医師による説明などの際にも、「ステージ」という言葉が使われることが多いかもしれません。

病期は、次の3つの指標によって決まります。

•がんの広がり(T:原発腫瘍 primary Tumor)
•リンパ節転移の有無(N:所属リンパ節 regional lymph Nodes)
•別の臓器への転移の有無(M:遠隔転移 distant Metastasis)

これをTNM分類といい、国際的に用いられています。
表1 T−原発腫瘍の壁内深達度
TX 原発腫瘍の評価が不可能
T0 原発腫瘍なし
Ta 乳頭状非浸潤がん
Tis 上皮内がん(CIS)
T1 上皮下結合組織に浸潤する腫瘍
T2a 筋層の半ばまでの浸潤
T2b 浸潤が筋層の半ばを越えるもの
T3a 膀胱周囲脂肪組織への顕微鏡的浸潤が想定される
T3b 膀胱周囲脂肪組織への肉眼的にはっきりとした壁外浸潤が想定される
T4a 前立腺※、精嚢、子宮あるいは腟への浸潤
T4b 骨盤壁あるいは腹壁への浸潤
※前立腺にある尿道に上皮内がんが進展した場合や表在性がんが発生している場合、浸潤ではなく、多発している病態であり、T4aには分類されません。
日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編
「腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011年4月(第1版)」(金原出版)より作成
筋層非浸潤がんはTaからT1で、その内Tisは上皮内がんと呼ばれます。筋層浸潤がんはT2かそれ以上です(図2)。
図2 膀胱がんの深達度
図2 膀胱がんの深達度
日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編
「腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011年4月(第1版)」(金原出版)より作成
表2 N−所属リンパ節
NX 所属リンパ節の評価が不可能
N0 所属リンパ節転移なし
N1 小骨盤内の1個のリンパ節への転移を認める
N2 小骨盤内の多発性リンパ節への転移を認める
N3 総腸骨リンパ節転移を認める
日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編
「腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011年4月(第1版)」(金原出版)より作成
表3 M−遠隔転移
M0 遠隔転移なし
M1 遠隔転移あり
日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編
「腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011年4月(第1版)」(金原出版)より作成
表1~3の組み合わせによって、膀胱がんの病期分類がなされます。例えば、がんが膀胱周囲の脂肪層まで浸潤し(表1でT3)、リンパ節転移が1個見つかったが(表2でN1)、ほかの臓器に転移がなかった(表3でM0)場合には、「T3N1M0」となります(図3)。これらの数字が高いほどがんは進行していることになります。リンパ節転移については、所属リンパ節を越えて遠隔に転移がある場合には遠隔転移として扱われます。
図3 膀胱がんの病期
図3 膀胱がんの病期
日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編
「腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011年4月(第1版)」(金原出版)より作成
【参考文献】
  1. 日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編:腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011年4月(第1版);金原出版
  2. 日本泌尿器科学会編:膀胱癌診療ガイドライン2015年版;医学図書出版
閉じる

【がんになったら手にとるガイド】
がんと言われたとき
がんの検査と診断のことを知る
がんの病期のことを知る

膀胱がん
154.膀胱がん(PDF)

がんの診断
もしも、がんと言われたら —まず、心がけておきたいこと
がんの相談窓口「がん相談支援センター」
お探しの情報が見つからないときは…
がん情報サービスサポートセンター
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ