HOME > 生活・療養 > よりよいコミュニケーションのために > 安心して治療にのぞむために

安心して治療にのぞむために

更新・確認日:2006年10月01日 [ 履歴 ]
履歴
2006年10月01日 掲載しました。
治療を受ける前に大事なことがあります。それは、どういう治療を受けるかという、治療方針の決定です。もちろん担当医は、選べる限りの治療方法とそのもたらすメリット、デメリット、また副作用などについて親身になって説明してくれるはずです。でも、その中から治療法を選択するのは、患者さんご自身であり、選択を助けるのは、患者さんを支える家族や友人たちです。ご自分の状態を知るために、また治療方針を決めるために、病気についてともに学び、ともに考えてくれる家族や友人たちがまわりに居ることはとても心強く、頼もしく、すてきなことですね。そこにチームが生まれ、1人ではないという安心感が生まれるとすれば、ともすれば辛い治療を乗り切る勇気と力をもらえると思います。

担当医の説明に納得がいかなければ、セカンド・オピニオンを求めるのも良いことです。担当医との協働のためにもセカンド・オピニオンを求めるための話し合いを重ね、それを通してお互いの意思の疎通が図れることもあります。相手を否定するのではなく、お互いを理解するように歩み寄る。そのために外来診療の短い時間を有効に使って、本当に知りたいことを尋ねるために、病気について知り、病気について学ぶ必要が生まれるということです。

治療が進む段階で入院ということになれば、手続きに際して、身元引受人や保証人が必要、と言われることもあります。一人暮らしの方もあるでしょうし、家族が居ても、お子さんとの暮らし、ということもあるでしょう。特に親しくつきあっている成人の親戚も思い当たらないということもあるかもしれません。そういう場合も、ソーシャルワーカーに相談すると良いと思います。

少し話がそれますが、生活保護を受けるためには、住所が確定している必要があります。例えばホームレスの人のそういう場合でさえ、貸してもらえる部屋を探す手伝いをするのもソーシャルワーカーの役回りです。こんな相談はできないだろう、と決めてかからずに、とりあえず何でもソーシャルワーカーに相談してみてください。きっと乗り越える方法をいっしょに考えてくれます。

とはいえ、がんの治療は長くかかることも多いもの。治療のこと、手続きのことなどを含めた財産管理などのサポートを得るために、信頼できる後見人の選び方などについての知識を得ておくのも、安心して治療にのぞむ助けになると思います。自治体や弁護士会などの法律相談などを利用すると良いでしょう。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ