このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
病名から探す

白血病〈小児〉

はっけつびょう

白血病は小児がんの中で最も多い病気です。白血病にはさまざまな種類がありますが、発症する割合は急性リンパ性白血病が約70%、急性骨髄性白血病が約25%です。

代表的な症状は、貧血、出血、感染、肝臓や脾臓ひぞうの腫れ、発熱、骨痛などです。中枢神経系(脳と脊髄せきずい)に白血病細胞が増殖することもあり、頭痛や吐き気・嘔吐おうとなどの症状に注意が必要です。

がんの診断から治療までの流れなどについては「関連する情報」をご覧ください。
関連する情報

関連する情報

「がんと診断されたあなたに知ってほしいこと」「治療にあたって」には、治療の流れ、セカンドオピニオンなどに関する情報を掲載しています。

ご家族や身近な人ががんと診断された人に向けた情報を紹介しています。

成人の白血病に関しては以下のページをご参照ください。
血液・リンパ

更新・確認日:2021年11月08日 [ 履歴 ]
履歴
2021年11月08日 「治療」の関連情報に「小児白血病・リンパ腫の診療ガイドライン」を追加しました。
2021年07月01日 掲載しました。
前のページ
病名から探す
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴