このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
病名から探す

神経芽腫〈小児〉

しんけいがしゅ

神経芽腫は、体幹(手足を除いた体の軸となる部分)の交感神経節や副腎髄質ふくじんずいしつなどから発生する小児がんの1つです。

初期の段階では、ほとんどが無症状です。進行してくると、おなかがれたり、触ったときに硬いしこりが触れて分かる場合があります。さらに発熱、貧血、不機嫌、歩かなくなる、眼瞼がんけん(まぶた)の腫れや皮下出血など、転移した場所(骨・骨髄こつずいなど)によってさまざまな症状があらわれます。胸部から発生すると咳や息苦しさ、肩から腕の痛みなどが見られることがあります。腫瘍が脊柱せきちゅうの中に進展して、脊髄せきずい神経を圧迫すると、下肢麻痺かしまひ(下半身の麻痺:排尿や排便の障害、歩行の障害など)を生じることもあります。また、特異的な症状として、眼球クローヌス/ミオクローヌス症候群と呼ばれる、目をきょろきょろさせたり、自分の意志とは無関係な動きをしたりすることがあります。

がんの診断から治療までの流れなどについては「関連する情報」をご覧ください。
関連する情報

関連する情報

がんの治療を始めるにあたって、参考となる情報です。

これからの治療や生活のことを考える上で、知っておいていただきたい情報を掲載しています。
がんの診療の流れなどに関する情報を掲載しています。
ご家族や身近な人ががんと診断された人に向けた情報を紹介しています。
更新・確認日:2022年08月24日 [ 履歴 ]
履歴
2022年08月24日 専門家による確認の上、内容を更新しました。
2021年07月01日 掲載しました。
前のページ
病名から探す
よりよい情報提供を行うために、
アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートはこちらから
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴