このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
病名から探す

胚細胞腫瘍〈小児〉

はいさいぼうしゅよう

胚細胞腫瘍は、胎生期(胎児の時)の原始生殖細胞(精子や卵子になる前の未成熟な細胞)から発生した腫瘍の総称です。

腫瘍がどこから発生したかによりさまざまな症状があらわれます。

精巣:陰嚢腫大いんのうしゅだい(陰嚢の一部がはれあがること)、卵巣:腹痛、腹部腫瘤ふくぶしゅりゅう(腹部のこぶ、固まり)、せん尾部びぶ臀部でんぶの腫瘤、後腹膜:腹部腫瘤

ただし、腫瘤は外からは目立たないことも多く、症状がないケースもあります。

前縦隔:呼吸困難、頸部:呼吸困難、頭蓋内:ホルモンの異常、物が二重に見えるなど

がんの診断から治療までの流れなどについては「関連する情報」をご覧ください。
関連する情報

関連する情報

がんの治療を始めるにあたって、参考となる情報です。

これからの治療や生活のことを考える上で、知っておいていただきたい情報を掲載しています。
がんの診療の流れなどに関する情報を掲載しています。
ご家族や身近な人ががんと診断された人に向けた情報を紹介しています。

成人の胚細胞腫瘍に関しては以下のページをご参照ください。
胚細胞腫瘍

更新・確認日:2022年07月27日 [ 履歴 ]
履歴
2022年07月27日 内容を更新し、ウェブページで公開しました。
2021年07月01日 小児がん情報サービスから移動し、PDFで公開しました。
2014年04月22日 小児がん情報サービスで掲載しました。
前のページ
病名から探す
よりよい情報提供を行うために、
アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートはこちらから
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴