このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー
貧血

貧血 もっと詳しく

~がんの治療を始めた人に、始める人に~

1.貧血について

貧血とは、血液中の赤血球の中にある、ヘモグロビンの濃度が低くなった状態を指します。ヘモグロビンは酸素とくっつくことで、酸素を体のすみずみまで運ぶ重要な役割を果たしています。貧血になると、体内の酸素が少なくなり、立ちくらみ、息切れ、めまい、ふらつき、頭痛、胸の痛み、動悸どうき、疲労感などの症状が出ることがあります。

採血による ヘモグロビン値(血色素量)が、成人男性で13g/dL未満、成人女性で12g/dL未満の場合に貧血と診断します。なお、検査の結果表では、ヘモグロビン値はHbやHGBと略記されていることがあります。

2.原因

がんそのものや、がんの治療、鉄やビタミンの欠乏による栄養障害など、さまざまな原因によって起こります。

がんそのものによる貧血は、がんができた部位からの出血や、骨髄浸潤(がん細胞が骨髄へ入り込むこと)で起こることがあります。

胃がんの手術後では、胃の本来の機能であるビタミンB12や鉄の吸収ができなくなり、赤血球やヘモグロビンを作るための栄養が不足して貧血になります。胃を全摘した人ほど、貧血になる可能性が高くなります。また貧血は、胃の切除後数年してから起こることもあるため、注意が必要です。

また、薬物療法や放射線治療によって、骨髄抑制(骨髄で赤血球などの血液細胞を作る力が低下すること)や、溶血ようけつ(赤血球が通常よりも早期に壊れてしまうこと)が生じて貧血が起こることがあります。

この他、ヘモグロビンを作るために必要な鉄分の不足、ビタミンの欠乏、鉄の代謝がうまくいかなくなることなどの栄養障害も貧血の原因となります。

3.貧血が起きたときには

ふらつきを感じたときには、安静な姿勢を取り、十分な休息を取りましょう。

1)貧血の原因を治療する

貧血の原因および程度に応じて、鉄剤・ビタミン剤での治療を、がんの治療と並行して行います。

がんができた部位からの出血や、治療の副作用による出血が原因となっている場合には、止血剤を使ったり、手術によって止血を試みたりします。溶血が原因である場合には、ステロイド薬を使って治療することがあります。

がんの治療が原因で貧血が起こっている場合には、安全にがんの治療を続けることができるように、治療の時期を変更することもあります。

2)輸血を行う

ヘモグロビン値が大幅に低下している場合は、症状の改善をはかるため輸血を行います。輸血を行うかどうかは、患者さんの状態によって望ましいヘモグロビン値が異なるため、慎重に決めていきます。

4.ご本人や周りの人ができる工夫

貧血によってクオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)が低下することがあります。日常生活の中で以下の工夫をしてみましょう。

1)ふらつきを感じたときには、すぐにその場でしゃがむ

ふらつきやめまい、意識が遠のくような感覚があるときには、すぐにその場にしゃがみ、落ち着くまで様子をみましょう。症状の悪化や転倒の予防になります。薬物療法などによって貧血と血小板減少が重なる時期には、ふらつきやめまいなどによる転倒が致命的な出血を引き起こすこともあるため、特に注意が必要です。

ふらつきやめまいが落ち着いてからも、急に立ち上がることは避け、歩き出しは一呼吸おいてゆっくりと行うとよいでしょう。すぐつかまることができるよう手すり側を歩いたり、歩道の奥側を歩いたりして危険を避けるようにします。

ふらつきを感じたときには、すぐにその場でしゃがむ 図

2)自分の状態と症状を把握しておく

血液データのヘモグロビンの値と自分で感じる症状を把握しておくことが大切です。貧血が比較的ゆっくりと進行した場合には、ヘモグロビン濃度が低くても、症状がないこともあります。反対に、貧血が急速に進行した場合には、ヘモグロビン濃度が正常に近い値でも、貧血の症状が起こることがあります。

自分の状態と症状を把握しておく 図

3)食事を工夫する

ヘモグロビンの材料となるタンパク質や鉄分を豊富に含む食品を摂取し、バランスの取れた食事を心がけましょう。タンパク質は、魚や肉、卵、チーズ、ミルク、ナッツ、豆など、鉄分は、プルーンやレーズン、豆などの食品に多く含まれます。鉄の吸収を高めるビタミンCや、赤血球を作るのに必要なビタミンB12を含む食品、葉酸を含む食品を一緒に取ると良いといわれています。

以下の関連情報では、がんの治療に伴うさまざまな症状に合わせたレシピを紹介しています。

4)休息時間を確保する

体の疲れを感じたときには、楽な姿勢で休息を取りましょう。日中の休息は、少しずつこまめに分けて取ると疲労回復につながり、気分転換にもなります。外出からの帰宅時、入浴後、食後などは、休息をしてから次の行動に移りましょう。また、夜、眠れないときには担当の医師に相談し、睡眠導入剤を処方してもらうこともできます。

5)体調が許す範囲で運動やマッサージをする

手足のストレッチやマッサージなどで緊張感を和らげることは、貧血によって生じるだるさ・倦怠けんたい感を軽くするために効果的であるといわれています。症状が軽くなったら、可能な範囲で、ウオーキングなどの運動を行うことも良いでしょう。

6)周りの人に協力してもらう

めまいやふらつきなどがある場合や、日常生活がつらい場合には、家族や友人など周りの人に協力を求めましょう。家事など身の回りのことを手伝ってもらうこともお勧めです。
周りの人は患者さんの生活をサポートしながら、めまいやふらつきなどの症状が起こっていないか見守りましょう。

5.こんなときは相談しましょう

立ちくらみ、息切れ、めまいなどの貧血の症状がみられる場合は、具体的な症状を把握しておき、医師や看護師に伝えましょう。 また、手足がしびれる、手足の知覚が鈍い、便に血液が混じる、月経ではない時期や閉経後に出血がある、嘔吐おうとしてしまうなどの症状がある場合にも、貧血が起きている可能性があるため、医師に相談しましょう。

6.参考文献

  1. 国立がん研究センター看護部編.国立がん研究センターに学ぶがん薬物療法看護スキルアップ.2018年,南江堂
  2. 国立がん研究センター内科レジデント編.がん診療レジデントマニュアル第8版.2019年,医学書院
  3. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構ウェブサイト.http://www.pmda.go.jp/,重篤副作用疾患別対応マニュアル(医療従事者向け) 薬剤性貧血;2007年(閲覧日:2020年2月5日)
  4. 日本緩和医療学会編.専門家を目指す人のための緩和医療学(改訂第2版).2019年,南江堂
  5. American Cancer Societyウェブサイト.https://www.cancer.org/,Anemia in People with Cancer,Managing Anemia at Home;2015(閲覧日:2020年2月5日)
  6. World Health Organization (WHO)ウェブサイト.https://www.who.int/,Vitamin and Mineral Nutrition Information System (VMNIS)  Haemoglobin concentrations for the diagnosis of anaemia and assessment of severity;2011(閲覧日:2020年2月5日)
  7. National Cancer Instituteウェブサイト.https://www.cancer.gov/,Anemia and Cancer Treatment;2018(閲覧日:2020年2月5日)
  8. 髙久史麿 監訳.ワシントンマニュアル第13版.2015年,メディカル・サイエンス・インターナショナル
  9. 中村丁次.系統看護学講座 専門基礎分野 人体の構造と機能[3]栄養学第12版.2015年,医学書院
  10. 森田達也 他監修.緩和ケアレジデントマニュアル.2016年,医学書院
  11. 矢﨑義雄編.内科学第11版.2017年,朝倉書店

本ページの情報は、「『がん情報サービス』編集方針」に従って作成しています。
必ずしも参照できる科学的根拠に基づく情報がない場合でも、有用性や安全性などを考慮し、専門家および編集委員会が評価を行っています。

更新・確認日:2020年02月20日 [ 履歴 ]
履歴
2020年02月20日 更新しました。
2004年12月02日 更新しました。
1996年03月19日 掲載しました。
ページの先頭に戻る
相談先・
病院を探す
閉じる

病名から探す

閲覧履歴