本文へ移動
HOME > それぞれのがんの解説 > 精巣(睾丸)腫瘍 転移・再発

精巣(睾丸)腫瘍(せいそう(こうがん)しゅよう)

更新・確認日:2012年10月26日 [ 履歴 ]
履歴
2012年10月26日 更新履歴を追加しました。内容を更新しました。タブ形式に変更しました。
2006年10月01日 内容を更新しました。
1996年08月28日 掲載しました。

1.転移

転移とは、腫瘍細胞がリンパ液や血液の流れに乗って別の臓器に移動し、そこで成長したものをいいます。I期の精巣腫瘍を手術で全部切除できたようにみえても、その時点ですでに腫瘍細胞が別の臓器に移動している可能性があり、手術した時点では見つけられなくても、時間がたってから転移として見つかることがあります。

例えば、精巣腫瘍の転移によって、腹部大動脈や大静脈の周囲のリンパ節が非常に大きくなった場合には、みぞおちのあたり(心窩部(しんかぶ))に硬い大きなしこりができ、このしこりによって腰痛が起こることが知られています。また、肺への転移が多数ある場合は、息切れが強くなる、咳(せき)とともに血液の混じった痰(たん)が出るといった症状があらわれます。

精巣腫瘍は抗がん剤による治療効果が高いため、転移をしている場合でも、化学療法による治療を行うことで治る可能性があります。また、脳転移に関しては、外科手術や放射線治療が選択されることもあります。

2.再発

治療によって目に見える大きさの腫瘍がなくなった後、再び腫瘍が出現することを再発といいます。精巣腫瘍の場合、精巣はすでに摘出されていますので、再発はリンパ節や肺への転移という形で出現します。再発といっても、それぞれの患者さんで病気の状態は異なります。病気の広がりや再発した時期、これまでの治療法などによって総合的に治療法を判断する必要があります。それぞれの患者さんの状況に応じて治療やその後のケアを決めていきます。
再発や転移、痛みが強いときの治療については、以下の項もご参照ください。
がんの再発や転移のことを知る
がんの療養と緩和ケア
痛み
がんの再発に対する不安や、再発に直面したときの支えとなる情報をまとめた冊子です。がんの再発という事態に直面しても、「希望を持って生きる」助けとなりたいという願いを込めて、再発がんの体験者、がん専門医らとともに検討を重ねて作成されたものです。 もしも、がんが再発したら 冊子
関連情報
臨床試験について
がんの療養と緩和ケア
痛み
代替療法(準備中)
転移・再発
再発がんの治療を始めるときに
食生活とがん
さまざまな症状への対応
臨床試験について
がんの療養と緩和ケア
心のケア
がんについて相談したいときは…
がん相談支援センターとは
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ